まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

最新版ARCHICADの「ARCHICAD 22」リリース

世界的にも多くのシェアを持つBIMの最新版「ARCHICAD 22」がリリースされました。インターナショナル版やスペイン版、フランス版、ロシア版などが先行的にインストールが開始され、日本版はもう少しかかりそうです。

www.graphisoft.co.jp

一番の注目すべき点はカーテンウォールツールの大規模なアップデートだと思います。モジュール化した部材や階層化されたパターンを用いることで柔軟で自由なデザインを行うことが可能になりました。動画での紹介を見ると手書きのデザインからファサードを作成していく様子が見て取れます。前回「ARCHICAD 20」から「ARCHICAD 21」へのアップデートでは階段ツールや手摺ツールが大幅に改善され自由度が増しました。22でもカーテンウォールが同様に自由度が改善されていることが大いに期待されます。

今回のアップデートではCIneRenderの最新版を搭載したほか360度の資格でレンダリングする機能が備わっています。VRへの対応もそろそろ行われるということでしょうか。