まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

院試受験ログ~東大院建築受験~【英語TOEFL】

東大の大学院を受験するときの一つの越えなければ行けない壁の一つがTOEFLです。 壁といったのも、東大では英語は足切りにしか使われていないとも言われてます。(ここら辺はあくまでも噂なので軽視することはできません。)

TOEFLについて

TOEFLといっても種類がいくつかあり、東大受験の際はbitのスコア提出かitpを実際に当日東大で受けるかの二択となります。ibtの優れたスコアを持っている方はスコア提出という手段を取れますが、受験者の多くはITPを当日受けています。自分が受験した年のスコア提出者は約200人中5人ほどだったと記憶しています。

itpテストについて

東大で受験する際に利用されるitpテストは四技能の全ての試験であるibtとは違い、リスニング・文法・リーディングで構成されているテストです。ibtが120点満点なのに対して、満点は667点満点です。

ボーダーラインについて

よく言われているのはitpで500点ほど取れれば問題はないということです。この情報がどこまで信用出来るかは不透明なので、自分は550点は確実に取れるようにに勉強しました。足切りにしか使われないと言われてはいますが、切られてしまえば元も子もないので。

対策

TOEFLの対策は何をしたら良いのか、自分自身もかなり不安だった 記憶があります。TOEICは今までにも何度か受けたことがあったので、比較して説明したいと思います。 リスニングは、 文法は形式が特殊なので、特に対策をした方が良い分野です。一つの例文について4箇所にアンダーラインが引かれ、文法的に間違っている箇所を選ぶというものです。一見簡単そうに感じますが、ぱっと見では全部合っているように感じてしまいます。 リーディングについては、自分てきにはTOEICより解きやすいイメージです。一つ一つの文章もそこまで長くないのに加え、一文章に10問の問題があり、読んだ文章がそのまま答えにつながる印象です。ただ、TOEICがビジネス文であるのととは違い、学問的な文章からの問題なのでTOEICとは違う語彙力が求められます。