まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

カメラの選び方とおすすめの紹介

こんにちは、まいぺーす建築学生です。

 

今回はカメラを選ぶときのポイントを整理しておすすめの商品を紹介したいとおもいます。

 

まず、カメラの種類を整理したいと思います。一眼だったりコンパクトカメラだったり聞いたことあっても分からないことが多いと思います。

 

 

まず大きく種類を分けると、「コンパクトデジタルカメラ・「ミラーレス一眼カメラ」・「デジタル一眼レフカメラがあります。それに加えてスマートフォンのカメラもカメラとしてカウントできます。

 

 【それぞれの特徴】

①コンパクトデジタルカメラ

 1番安価で初心者でも購入しやすいものだと思います。小型であることで持ち運びがしやすく手軽に写真を撮れることがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、レンズの交換ができないため、もっと広い景色を広角レンズで買いたいと思っても替えることはできません。

 

②ミラーレス一眼カメラ

 ミラーレスとコンパクトデジタルカメラの大きな違いはレンズを交換できることです。撮りたいシーンに合わせて交換できます。

また、コンパクトデジタルカメラではできなかった表現ができたり、画素数が高いものも多いため自分が撮りたい写真がとれます。

 

デジタル一眼レフカメラ

いわゆる一眼といわれるものになります。ミラーレスとの違いはカメラの内部にミラーが入っていて、反射してきた実際の光をファインダーを覗きながら見て写真をとることです。

 

スマートフォンのカメラ

ほとんどの人が持っていると言っても過言ではないスマートフォンに付いているカメラです。カメラを身近な存在へと変えたもので、どこでも気軽に写真を撮影できるようになりました。画質を非常によくなり、スマートフォンの画面で見る分には何ら問題はありません。ただ、パソコンの画面で見たり、印刷すると画質の粗さが目立ってしまいます。また、撮影するときに被写体に自由にピントを合わせることが難しいことはデメリットです。

 

 

以上がおおまかな種類分けで、これからどの種類のカメラを買うべきかを話していきたいと思います。

 

【 選び方】

まず重視したいのはコンパクト性です。大きいものを買うと建築を見に歩き回っているととても疲れます。

 

また、画質は画素数が高いほど基本的に綺麗になりますが、建築の写真にそこまで高い画質は求められません。(もちろんプロの方は別ですが。)

 

カメラのレンズは交換できるものをおすすめします。というのも、主に建築学科で写真をとる対象は建物と模型です。

 

遠くのものをとれるレンズと近くのものをとれるレンズの2つがあると便利です。

 

さらに付け加えるとしたら、地面に対して垂直平行をガイドしてくれる機能があるとなおいいです。この機能は最新の機種では付いている場合が多いです。

 

これらを踏まえるとミラーレス一眼がおすすめです。もちろんスペックに不満があったらワンランク上のカメラに切り替えてもいいかもしれません。

 

 参考としておすすめの2種類のリンクを貼っておきます。スペック等の参考にした下さい。