まいぺーす建築学生のメモ

基本的には建築に関係することや生活の質を上げるために必要なことを取り上げていきます!

プレゼンボードの作り方〜おおまかな流れ編〜

こんにちは、まいぺーす建築学生です。

 

 

今回は、プレゼンボードいわゆるプレボの作り方を紹介します。おおまかな流れになるので詳しくはリンクから詳しい記事にとんでください。

 

作るときに必要なものはパソコン(photoshopillustratorが入ってる。)、プリンターです。

 

図面は今回はAutoCADなどのCADで作ったものと仮定します。手書きの場合はスキャンなどして使います。

 

 

まず、AutoCADやその他CADソフトで作った図面をDXFファイルで保存します。

 

次に、illustratorを開き[配置]からDXFファイルを配置します。

 

illustrator cs以降で配置できない場合はリンクの通りに対処するとエラーが解決されます。

AutoCAD以外から書き出したDXFファイルを読み込む方法(Illustrator CS-CS4)

 

 

図面の次はパースの作成をします。archicadなどのbimなどの場合はbim内で3DCGをつくり、AutoCADなどのCADを使ってる場合はsketchupで立体モデルを作成します。(詳しい説明を見たいときは他の記事を参照してください)

 

 

この過程で作成したCGモデルを使いパースを作るのですが、ここでどのようなイメージのものを作るかで工程が変わってきます。

 

CGを使いリアルなものを作る場合はそのままphotoshopを開き人や家具入れをします。

 

 

手書き風にしたい場合はillustratorでトレースし、その後photoshopなどで点景を付け加えます。レイヤーを複数作ることでできますが詳しくは別記事でよろしくお願いします。

 

これまでの過程で作った要素をillustratorで1つにまとめます。最初に用紙の設定でプレボの大きさを決めます。(後からだと面倒なので忘れずに)

 

ガイドなどを使いこれらの要素を揃えて配置します。テキストを入れるスペースも確保します。

 

最後に出力するファイルの形式で保存すれば終了です。自分では気づかないようなミスがあったりするので、できたら他人に読んでもらうことが大事です。

 

 

ほんとにおおまかです。順次詳しい説明はあげていく予定です。