まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

建築学生のプレゼンボードの作り方

こんにちは、まいぺーす建築学生です。

 

 f:id:arc0183:20180226144010j:image

今回は、プレゼンボードいわゆるプレボの作り方を紹介します。おおまかな流れになるので詳しくはリンクから詳しい記事にとんでください。

 

作るときに必要なものはパソコン(photoshopillustratorが入ってる。)、プリンターです。

 

図面は今回はAutoCADなどのCADで作ったものと仮定します。手書きの場合はスキャンなどして使います。

 

①大まかな構成を考える。

まずは手書きでも良いのでプレボの構成を組み立てます。模型写真やパース、図面の配置、タイトルの位置や文字の大きさなどを大体で良いので考えます。

 

②必要な要素を揃える。

プレボに掲載する要素を作ります。図面はAutoCADなどのCADソフトで作りDXFファイルで保存します。

 

次に、illustratorを開き[配置]からDXFファイルを配置します。①で考えた場所に配置します。後から変更があっても構わないです。

 

illustrator cs以降で配置できない場合はリンクの通りに対処するとエラーが解決されます。

AutoCAD以外から書き出したDXFファイルを読み込む方法(Illustrator CS-CS4)

 

 

次にパースの作成をします。archicadなどのbimの場合はbim内で3DCGをつくり、AutoCADなどのCADを使ってる場合はsketchupで立体モデルを作成します。(詳しい説明を見たいときは他の記事を参照してください。)

 

 

この過程で作成したCGモデルを使いパースを作るのですが、どのような雰囲気のパースを作るかで工程が変わってきます。

 

CGを使いリアリティの高いものを作る場合はそのままphotoshopを開き人や什器の添景を入れます。ここでレタッチをして見栄えの良いものにします。

 

 

手書き風にしたい場合はillustratorクリップスタジオなどでトレースし、その後photoshopなどで点景を付け加えます。レイヤーを複数作ることでできますが詳しくは別記事でよろしくお願いします。

 

これまでの過程で作った要素をillustratorで1つにまとめます。最初に用紙の設定でプレボの大きさを決めます。(後からだと面倒なので忘れずに)

 

ガイドなどを使いこれらの要素を揃えて配置します。配置は試行錯誤変えてみないと分からないものです。たくさん試して不要な紙などに印刷して見てみましょう。

 

最後に出力するファイルの形式で保存すれば終了です。自分では気づかないようなミスがあったりするので、できたら他人に読んでもらうことが大事です。

 

 

ほんとにおおまかな流れの紹介ですので、順次詳しい説明はあげていく予定です。

 

 

mypacestudent.hatenablog.jp