まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

瀬戸内海の建築巡り【直島・豊島】

以前、夏休みに旅行した瀬戸内海の直島・豊島の旅行記を今さらながら残しておきたいと。

 

瀬戸内海の島へは、「岡山からのルート」「香川からのルート」がありますが、今回は香川経由で島へ向かいました。

 f:id:arc0183:20180813131548j:plain

香川までは飛行機で、香川から豊島までは船を利用しました。香川空港から高松市中心部へはことでんバスというシャトルバスが出ており約40分で着くことが出来ます。高松市内には丹下健三の旧香川県庁舎や香川県立体育館など著名な近代建築が残っておりそれらを見るのもいいと思います。

瀬戸内海の島、直島と豊島には有名建築家の作品が数多くあるほか、芸術作品も多くありとても魅力的な島です。直島・豊島へはフェリーが出ていますが本数はそこまで多いとはいえず曜日によって時刻表も変わるのでそこは注意が必要です。

高松~豊島 直行便・チャーターフェリー|豊島フェリー

直島にある建築・プロジェクト

海の駅「なおしま」 SANNA

直島パヴィリオン 藤本壮介

直島ホール 三分一博志

地中美術館 安藤忠雄

李禹煥美術館 安藤忠雄

家プロジェクト (古民家を改修し現代芸術家が空間を作品化した7つのプロジェクト)

豊島にある建築・プロジェクト

豊島美術館 西沢立衛

豊島横尾館 永山祐子

豊島八百万ラボ 成瀬友梨 猪熊純

檸檬ホテル 岡野道子

どちらの島も魅力的な作品がほんとに多いです。一つの島に1日かければ回ることはできますが、ゆっくり美術作品を見たいのならばもう少し時間に余裕を持たせたほうがいいかもしれないです。島内はレンタルの電動自転車で十分に移動できる距離で、島の自然に触れるにも車ではなく自転車をお勧めします。

f:id:arc0183:20180813140720j:plain

f:id:arc0183:20180813140824j:plain

f:id:arc0183:20180813140949j:plain

f:id:arc0183:20180813141244j:plain

f:id:arc0183:20180813141148j:plain

 

 

建築パースに使う素材サイトまとめ。

建築作品はもちろん実寸大の実物が作品そのものなのは当然なのですが、モックアップを除けば学生が使う表現は主に模型・図面・パースになると思います。

 

模型や図面、手書きパースでは一から添景をつくることもあると思いますが、CGパースの素材はすぐに作れるものではありません。

 

作品の提出ギリギリで焦ることがないように、事前に準備しておくことが自己体験からしても大事だと思います。

 

自分が良く利用するサイトを下にリンクを貼っておきます。適宜、最新の情報には更新します。

 

Skalgubbar

skalgubbar.se

海外のサイトですが、素材も豊富な上、BIGやSteven Holl、MVRDVなどの有名建築家も素材を利用しているサイトです。

 

 

建築パース.com

kenchiku-pers.com

人物・樹木・テクスチャーなどの豊富な素材が無料で利用できるサイトです。特にテクスチャーに関しては個人的に一番使いやすいサイトです。

 

 

Nonscandinavia

http://www.nonscandinavia.com/

切り抜きの人物が豊富に載っているサイトで、シチュエーションの多様さが魅力的です。

 

(2018/08/08更新)

 

【東北旅】十和田市立現代美術館へ。

冬に行った東北旅行の1日目は青森までの移動と青森県立美術館でほぼ費やしました。

 

翌日は、青森市内から車で十和田市に移動して十和田市立現代美術館とトワーレ十和田、十和田市立図書館を見学しました。

西沢立衛隈研吾安藤忠雄という世界的にも名の知れた建築家の設計した公共施設が市内にぎゅっと集まっている場所はなかなか無いかと。

 

 1_十和田市立現代美術館

設計:西沢立衛

f:id:arc0183:20180730113405j:plain

美術館の正面にはチェ・ジョンファ作のフラワーホースが訪問客を迎えてくれます。ほかにもいくつかの作品が屋外に展示されていたり、屋内から外に向かって展示されているようなものもあり、「町の中に作品が展示されている美術館」というコンセプトはうまく機能している印象でした。f:id:arc0183:20180730114025j:plain

美術館内部は展示室の白いボリュームを曲線の廊下がつないでいきます。金沢21世紀美術館同様にガラスの施工がとてもきれいです。

大きさとしてはとてつもなく広いというわけではないのですが、空間体験は非常に面白くなっており、美術館の中にいながらも都市の中にいることからは離れないでいる感じです。

 

2_市民交流プラザ「トワーレ十和田」 

設計:隈研吾

f:id:arc0183:20180730114557j:plain

隈研吾設計のトワーレ十和田は平成26年にできた新しい公共的な施設で、道と広場を融合させたような空間が体現されています。

施設内にいながらも都市の中にいることを忘れさせないのは十和田市立現代美術館とも似ているところだと思いました。

建築と都市の関わり方がうまくいっている形であると感じました。

f:id:arc0183:20180730114936j:plain建物内もファサードと同様に隈さんらしい均一になっていない木のデザインになっています。こういう空間が自分の住んでいる街にもあったらいいのにと十和田市の地元の学生がうらやましくなります。

3_十和田市立図書館

設計:安藤忠雄

f:id:arc0183:20180730115333j:plain

 安藤忠雄設計の図書館。安藤さんはコンクリートを用いているほか、光の入れ方が特徴的なので、図書館というビルディングタイプはあまり向いていない気がしていたので、どのようになっているかとても興味深かった建築です。

中はサンルームが4か所設けられており、そこは自然光を取り入れる場所になっており、空間のメリハリをつけています。(書架のある空間で自然光をバリバリに取り入れることはできないので。)この日は天気も悪く、どのような光の入った空間になるか見れなかったのは残念でしたが、安藤さんのことですから素晴らしい空間を作られていることだと思います。

 

十和田市の比較的近い距離にこの3つの建築があるのはとてもうらやましい環境でした。市をあげて、魅力的な都市づくりに力を入れているんだなと感じました。

特に、美術館が身近な存在としてあることは創造力を養うという観点からも教育上非常に重要な要素だと思います。この十和田市の今後にも注目したいところです。

 

前日の青森県立美術館の記事は下のリンクからお願いします。

mypacestudent.hatenablog.jp

 

神社とお寺巡り。

夏休みも始まってどこか遠くへ旅したい今日この頃です。

 

最近、日本の寺社建築の様式について学ぶことがあり、どうして今までしっかりと勉強してこなかったのだろうかと後悔しています。日本人の身近にある建築形態である寺社建築は細かいディテールまで深く研究されており、様式分けも細かく行われているのに正直そこまで知らなかったです。

 

伊東忠太天沼俊一らが日本建築史を始めた明治時代から100年ほどでここまで多くの寺社様式の研究が進むのも日本人として日本の建築を誇りにもっているからでしょうか。

 

夏休みは勉強するのに使ったノートや教科書を片手に近くの寺社建築を見に行きたいと思います。

 

日本建築入門 (ちくま新書)

日本建築入門 (ちくま新書)

 

 

【東北旅】青森県立美術館へ。

夏の暑い日が続いている今日この頃ですが、冬に訪れた東北の旅の涼しい日々を思い出しました。

 

東京から北に700kmの青森県には現代建築の名作がいくつもあります。その中の一つ、青森県立美術館青木淳設計の素晴らしい美術館です。

 

f:id:arc0183:20180728011124j:plain

雪の積もる日は、白い雪が建物の白さと合っています。所々に見えるアーチ窓も特徴の一つです。

f:id:arc0183:20180728011135j:plain

自分としては正面の庇は好きな空間なのですが、青木淳さんとしてはダイナミックすぎて気に入ってはないみたいです。

f:id:arc0183:20180728011143j:plain

美術館や博物館に行くと、サイン表示がよく目に入るのですが背景の白いレンガの背景と合わさって魅力的なフォントだと思います。

f:id:arc0183:20180728011826j:plain

美術館内は撮影不可なのですが、奈良万智さんの代表作である"青森犬”だけは撮影することが出来ました。

このようなダイナミックな展示方法は美術館の空間構成として見習うべきだと思いました。

 

美術館全体としては、土の上向きの凹凸と真っ白なホワイトキューブの凹凸が隙間を持ちながら噛み合わされています。それも完全なかみ合わせではなく、微妙なっ隙間があるなど不完全なものです。これを含めてフラジャイル・アーキテクチャーという言葉につながっているといまになると思います。

        f:id:arc0183:20180728014050j:plain

青木淳さんの建築は各地にあるルイヴィトンのファサードを見たぐらいでまだまだ空間体験といったものをした建築は無いので、大宮前体育館なども行ってみたいです。

 

フラジャイル・コンセプト (建築・都市レビュー叢書)

フラジャイル・コンセプト (建築・都市レビュー叢書)

フラジャイル・コンセプト (建築・都市レビュー叢書)

 

 

iPadを導入してみて。2018年モデル。

こんばんは。

 

先日iPad2018年モデルが届き、使用してから数日が経ったので今までの感想を。

 

購入したiPadは9.7インチの32GB,Wi-Fiモデルです。f:id:arc0183:20180712001751j:plain

128GBも検討しましたが、Cloudサービスを利用するため、価格を優先しました。

このiPadの一番の長所は本体価格37800円(税別)と今までよりお買い得な点だと思います。

そして、このiPadからiPad ProでなくともApple pencilが使えるようになったことも大きなメリットです。

購入した目的は、外出先でPDFなどのデータを閲覧すること。クリップスタジオクリップスタジオを使ってドローイングすること。作業時のモニター代わり。

以上の3つが大きな要素です。

 

使った感想としては、9.7インチという大きさは電車でも周りの目をそこまで気にせず開ける大きさで、かつ大きい画面で2アプリ同時に開けたり個人的に満足しています。

 

クリップスタジオも使い始めたのですが、正直まだまだ自分の知識・技能が追い付いていないかなと。6か月無料なのでしばらくは慣れるまで使い続けてみようと思います。

 

Apple pencilは個人的には気に入ってます。絵を描く以外にも普段のタッチの代わりに使うことで画面が汚れないのは素晴らしいです。

 

ひとつ心配な点は容量です。お金をケチったことを後悔する日が来ないといいのですが。。。

 

これからもちょくちょく使ってみてよかったところがあったら発信していこうと思います。

【読書録】"パタンランゲージによる住宅の生産"を読んで

f:id:arc0183:20180708180700j:plain


クリストファー・アレグザンダーの”パタンランゲージによる住宅の生産”を読んだので少し読書録として。

 

住宅の生産のシステムは7つの特徴を持つべきであると。

 

1建築家と施工は分離されていてはならない。

2生産システムは、地域の高度に分散化された職人群を利用する。

3共有地はユーザーにとって最も大切な場所であり、彼らの管理下にあるべきである。

4ユーザーは、自分自身の住まいの間取りについて、現代建築のような受け身の姿勢ではなく、各家族によってそれぞれ異なる間取りができるような積極的な姿勢で参加しなければならない。

5施工のシステムや技術はディテールは、プロセスそのものが必要とする、連続的な巧妙かつ微妙な修正の利くものを選ばなくてはならない。

6コストコトロールは柔軟な設計施工のプロセスに適応しなければならない。

7建物の細工は手作りの楽しいものでなくてはならない。

 

本書ではこの7つの点について詳しく解説されます。

人間的な情感やその尊厳を最も大切にする住まいづくりのプロセスを作り上げることが本書の目的です。

 

すべての人間は唯一無二の存在であり、またすべての人々は社会の中で信頼関係を保てる場所が必要だが、今の住宅ではすっかり失われているといわれます。

住宅の生産システムを転換することが必要であるという前提で話は続きます。

 

何回かに分けて読書録として残そうと思います。

 

パタン・ランゲージによる住宅の生産 (SD選書)

パタン・ランゲージによる住宅の生産 (SD選書)